京都市山科区のがん免疫療法なら村上内科医院 当院と一緒に希望を持ってがんに立ち向かいましょう!

副作用の無いがん治療に力を注いでいる当院と一緒に希望を持ってがんに立ち向かいましょう!

本院は安全で副作用のないがん治療をめざしています。

最近注目されている超高濃度ビタミンC点滴療法に以前より着目し、京滋地区で最初に治療を始めて効果をあげています。
医学的根拠のある超高濃度ビタミンC点滴療法で積極的に望みある限り希望を持って、がん治療をしていきませんか。

H26年1月より、京滋地区唯一の統合医療の認定医として、免疫力を高め抗酸化力をつけて、副作用のないがんの統合医療を実践しています。

また、難治性の慢性肝炎、肝癌に対して2010年度よりプラセンタ、ALAの治療を開始し、治療効果を次々に認めております。

お知らせ

16/10/19
点滴療法研究会でさらに一段階上フェロー会員の称号を授与されました。
16/6/11
第16回日本抗加齢医学会総会(於:パシフィコ横浜会議センター)に参加しました。
16/5/21
杏林アカデミー(山田先生)細胞(栄養学)の講習会に2日間参加しました。
16/1/21
「週刊新潮」1月28日号 に掲載されました。
詳しくはこちら>>
15/10/17
第21回国際個別化医療学会学術集会で「題目:コエンザイムQ10の心房細動に対する効果の可能性について」発表してきました。
15/8/12
8月8日に本院において、白川先生(京大元教授・医療法人白金会東京中央メディカルクリニック)
をお招きし、長時間にわたって「がんの治療」についての御講演を して頂きました。
大変分かりやすく、内容は素晴らしく、又講演後出席の患者様より質問が多数あり、予定の時間を
大幅に超えるほど、大盛況でした。
15/5/30
第15回日本抗加齢医学会総会(於:福岡国際会議場)に参加しました。
15/4/11
河野和彦先生のコウノメソッド「認知症を改善させる知恵と新しい治療」のセミナーにスタッフ全員で参加しました。
15/2/21
第7回京都第一赤十字病院 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会に参加しました。
全人的がん治療に専念致します。
15/2/7
本院が京都府の数少ない「肝疾患専門医療機関」に認定されました。
15/1/11
点滴療法研究会 特別ワークショップに参加し、現場から学ぶ点滴療法の“技”を学んできました。(東京:ベルサール三田)
14/12/22
日本統合医療学会(横浜)に出席し、水上先生の「進行癌は統合医療でないと治りにくい」等、色々と聴講し、明日への医療の参考とさせて頂きます。
14/11/24
点滴療法研究会(東京ベルサール三田)に参加し、高濃度ビタミンC点滴療法等について、
また、東洋医学的発想の認知症治療法学で有名な河野先生及び、学会最新情報の詳細を学んできました。
14/11/17
マスコミ各紙に院長の母校 京都府立医大病院で「京都に最先端がん治療施設が約2年後に完成する」と掲載されました。
14/08/14
「明日の医療を支える頼れるドクター」に掲載されました。
詳しくはこちら>>
14/05/24
「週刊ダイヤモンド」別冊 「頼れる病院」<オーダーメイドのがん治療>に掲載されました。
14/02/28
医学雑誌「統合医療でがんに克つ」3月号に、「驚異の抗酸化剤αリポ酸-晩期C型肝炎の肝がんに対する苦痛と副作用のない新しい治療法」が掲載されました。
詳しくはこちら>>
14/01/31
日本統合医療学会認定医を取得致しました。
京滋地区唯一の認定医です。
(がん等に対して統合医学的治療をめざします。)
13/12/24
第17回日本統合医療学会(於:日本赤十字看護大学)に参加しました。
13/10/24
第51回日本癌治療学会学術集会(於:国立京都国際会館)に参加しました。
末期がんと闘える治療「超高濃度ビタミンC点滴と断糖」の記事が、フライデー(H25.10.25号)に掲載されています。
13/02/24
点滴療法研究会スペシャルセミナー(東京 ベルサール神田)に参加し、ロナルド・ハニハイキ先生と、ニール・リオルダン先生の高濃度ビタミンC点滴療法の最新情報と幹細胞栄養療法を学んできました。
12/09/02
点滴療法研究会 特別ワークショップに参加し、全国のメンバーと貴重な情報の交換をしてまいりました。(東京・ベルサール三田)
12/05/28
医学雑誌「統合医療でがんに克つ」6月号で本院がトップに掲載されました。
詳しくはこちら>>
12/05/27
点滴療法研究会スペシャルセミナー(東京 ベルサール三田)に参加。
シュレーダー先生(アメリカ)のACAM(米国先端医療会議)の最新治療を学んできました。
11/09/25
点滴療法研究会アドバンスセミナー(TKP大阪梅田ビジネスセンター)に参加し、「矯正医学の実践」 について、ブラッドフォード・ウィークス先生(アメリカ)の最新治療の講演を学んできました。
11/05/30
日本腫瘍学会誌「統合医療でがんに克つ」6月号に、本院の高濃度ビタミンC点滴療法の著効例が、大々的に掲載されました。
11/02/20
点滴研究会(東京 ベルサール三田)に参加しました。
日本では新しい治療法 ビタミンC点滴+ウクラインの治療を開始します。
(詳しくは本院までお問合せ下さい。ホームページは近日中掲載)
11/01/25
サンデー毎日2月6日号に超高濃度ビタミンC点滴療法について柳澤厚生会長のインタビュー内容と本院が掲載されました。
10/10/22
第14回 国際免疫学会議で、NK細胞療法と抗がん剤治療で、余命3ヶ月のがん患者が完治の報告が、フライデー( H22.11.5号 )に載っています。
詳細は本院までお問い合わせ下さい。
10/07/18
第11回 国際統合医学会において一般演題の部で優秀論文に選ばれました。(超高濃度ビタミンC点滴療法)
10/04/11
点滴療法研究会のボードメンバーのBerkson先生(米)の講演(東京)を聞いてきました。
ALA+LDNの治療法で、治療の見込みがないと言われた人々(膵臓癌、肺癌、肝臓癌等)に著効し、現在も元気にしている多数の症例を提示されました。非常に期待のもてる治療法と思われます。
(詳しくはお問合せ下さい)
10/02/01
1月末より温熱療法開始しました。
09/12/11
高濃度ビタミンC点滴療法認定医を取得致しました。
09/11/12
キレーション療法認定医を取得しました。
09/11/01
アソシエイトフェロー会員の称号を授与されました。

点滴治療研究会よりフェロー会員の称号を授与されました。

ページトップに戻る

レスポンシブウェブデザイン