アルファリポ酸点滴療法 京都市でがん治療に力を注いでいる村上内科医院

トップ>点滴療法>アルファリポ酸点滴療法

低用量ナルトレキソン療法との併用が、がんの治療に有効です。

① アルファリポ酸の効果

アルファリポ酸は数ある抗酸化物質の中でも、以下の特徴的な働きを持つ究極的な抗酸化物質であることから、様々な病気の改善に貢献できます。

② 適応疾患

  • 慢性肝炎または肝硬変などの肝疾患。
  • がん乳癌、肺癌、膵癌、肝癌、食道癌、胃癌、大腸癌、直腸癌、腎癌、膀胱癌、前立腺癌、子宮癌、卵巣癌、悪性リンパ腫などほぼすべてのがんの原発や再発、転移の治療、さらに抗がん剤による化学療法の治療の効果促進や副作用軽減、放射線治療による副作用の軽減に。
  • 皮膚筋炎、全身性エリスマトーデス(SLE)、慢性関節リウマチなどの自己免疫疾患。
  • パーキンソン病などの神経疾患。

③ アルファリポ酸の特徴的なはたらき

  1. 水溶性(血液や脳脊髄液など)、脂溶性(脂肪など)どちらにも働く抗酸化物質。
  2. ビタミンA、C、Eやグルタチオンなどの他の抗酸化物質を再生。
  3. 私たちが生きるために必要なエネルギー(ATP)を作る際に必要。

④ 低用量ナルトレキソン療法を併用

この治療は、免疫力増強やがん細胞のアポトーシス(細胞死)効果のあるナルトレキソンを、眠前に1カプセル3mgを服用します。

⑤ 高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法後に引き続きアルファ・リポ酸点滴をすることでビタミンCの抗腫瘍効果を増強します。

⑥ アルファ・リポ酸点滴療法のがん治療としての作用機序

間接的作用

  • ・がんの発生や進行の原因となるフリーラジカルを消去する。
  • ・がんの発生に関わるとされる転写因子の活性を阻害する。

直接的作用

  • ・免疫力を高めます。
  • ・がん細胞内のミトコンドリア内でのエネルギー産生の環境を変化させることで、がん細胞に不利な環境を作ります。
  • ・がん細胞のアポトーシスを実行する因子を促進させる。

ページトップに戻る

レスポンシブウェブデザイン