癌性腹膜炎(腹膜播種) 京都市でがん治療に力を注いでいる村上内科医院

トップ>がんの自由診療>がん性腹膜炎(腹膜播種)

がん性腹膜炎(腹膜播種)あきらめないがん治療(一部保険適用可)
新しい遺伝子がん性腹膜炎治療あきらめないがん治療(抗ガン剤を使わない治療)

がん性腹膜炎は、無数のがん組織が、おなかの中の腹膜に散らばり、付着・増殖しています。

もしおなかの中のがんの進行を抑制する治療を行わなければ、必ず、腸閉塞や閉塞性黄疸を併発して、余命が短くなります。

だから、がん性腹膜炎(腹膜播種)の場合、一刻も早い治療開始が患者の生死を決定します。

もう治療法がなくホスピスを勧められた方でも治療可能です。

現在行われている一般的な抗癌剤の点滴療法だけでは、がん性腹膜炎には効果はあまり望めません。

逆に抗癌剤の副作用だけで全身状態はさらに悪化することもあります。

さらに頻回の腹水排液により低タンパク血症と、低栄養状態になり、非常に厳しい状態になります。

腹水、排液(又は、カート治療)は、一時しのぎの治療です。腹水をなくす治療が一番大事です。

がん性腹膜炎の専門的治療は、開腹手術ではなく、体に優しい治療なので90歳の高齢の方でも効果があったそうです。


当院で末期のがん性腹膜炎に対してあきらめずに治療にチャレンジし、明らかに効果を認めています。
今回、短期間で(1ヶ月以内)副作用もなく、新しい遺伝子がん性腹膜炎治療の効果を認めました。
2名の患者様は腹水が減り、腫瘍マーカーも大幅に低下した方がおられました。
又抗癌剤を使わず、遺伝子治療だけで完全に腸閉塞をおこしている方が、1ヶ月以内に腫瘍が小さくなり腸閉塞がなくなり、便が出るようになられた方がおられます。
最近、80代の女性が1ヶ月で腹水が抗がん剤だけで、ほどんどなくなり食事ができるようになりました。

がん性腹膜炎の遺伝子治療

がん性腹膜炎は、抗がん剤を血管内に投与しても効果はあまり認められません。

だから最終的に腹腔内にがんが出現すると、そのがんが急速に大きくなり、腸管を圧迫して腸閉塞をおこすと、食事も摂取できなくなり、余後は極めて悪くなります。

又、肝臓、胆管に転移すると黄疸がきつくなり、この場合も余後は悪くなります。

抗がん剤と違い、副作用はほどんどなく、体にやさしい遺伝子治療は腹腔内のあらゆる癌に効果が期待できます。

本院の遺伝子がん性腹膜炎治療
(術後の再発を予防できる癌)

効果が期待できる癌
・胃癌、膵臓癌、大腸癌、胆管癌
・卵巣癌、子宮癌
・腎臓癌、膀胱癌

適応病期
・ステージⅣ(がん性腹膜炎)
・ステージⅡ、Ⅲ、Ⅳ(がん性腹膜炎ではないが、化学療法を拒否する方)
          (がん性腹膜炎ではないが、化学療法だけでは心配な方)←新聞に載っている症例です。

  • ・がん性腹膜炎は患者より先に主治医があきらめてしまうことがよくあります。
  • ・がん治療を決めるのは患者と家族です。
  • 受診を迷っている余裕など全くありません。1分1秒でも早く御相談下さい。(迷っている間に患者の余命は確実に短くなります)
  • ・がん治療をあきらめていない方は早急に是非御相談下さい。
  • ・もう一度普通に歩いて普通に食べられる状態を希望される進行癌、末期癌の方からの連絡をお待ちしています。
  • ・遠方の方でも、治療可能です。御相談下さい。

ページトップに戻る

レスポンシブウェブデザイン